内部リンクとは?SEO対策に必要な知識【やることは3つだけ!!】

初心者くん初心者くん

SEOってやること色々あるんだね、この間キーワードのこと覚えたばかりなのに。なんだか覚えられるか心配だな。

にゃんこ先生にゃんこ先生

SEO対策はキーワードだけでは無くて様々な対策が必要なんだ。一つ一つしっかり確認して理解していけば難しいものではないにゃん!

 今回はSEO対策【内部リンク編】です。

結論、内部リンクは簡単です。

聞きなれない言葉なので難しく聞こえますが簡単です。

記事内に読者が求める内部リンクを貼って検索順位を上げていきましょう。 

スポンサードサーチ

内部リンクとは?SEO対策に必要な知識【やることは3つだけ!!】

まずは内部リンクを説明する前にSEO対策の大前提の話。

GoogleのSEOは、
  • Googleは読者ファーストであること。
  • Googleは質の良いコンテンツを多数揃えているサイトのことが好き。
  • GoogleのSEOリンクは関連度が高いものが好まれる。
  • Googleはウソやズルが嫌い。

 SEO対策には、キーワード、内部リンク、外部リンク、被リンク、サイトスピード 、更新頻度、閲覧時間、SSL化など様々の要因がありますが、まず「Googleがどんな検索サイトを作ろうとしているのか」を知ることが重要です。

上記4点は最低限覚えておきたいSEOの大前提ポイントです。

内部リンクとは?

内部リンクとは、自分の記事内に貼り付けた「自分の別記事のリンク」です。

ちなみに外部リンクとは、自分の記事内に貼り付けた「外部記事のリンク」です。

ちなみに被リンクとは、自分の記事リンクが他の人のサイト記事にリンクを貼られたことです。

内部リンクを適切に行うことで、世界のWEB上を回り続けているクローラーに見つかりやすくなり、検索エンジンにインデックスされやすくなります。

結果、Googleの評価を得られてSEO対策にもなると言うことです。

内部リンクのメリット

自分のサイト記事内に別記事のリンクを貼ることによって2つのメリットがあります。

内部のリンクメリット
  • サイト内の回遊率をあげる→閲覧時間が増える→SEO対策
  • キーワードの含まれた内部リンクを貼る→キーワードが狙える→SEO対策

こんな経験はありませんか?

記事内に「前回の記事はコチラ→関連記事〇〇」的なものって思わず見てしまいますよね。

これを貼ることで出来るだけ長く自分のサイトに滞在してくれることになります。

滞在時間もSEO対策になるので、内部リンク→滞在時間という2つ同時の対策にもなります。

また関連記事の内部リンクの文字にキーワードが含まれていることで、SEOに期待が出来ます。

参考記事:SEO対策でキーワード選定をする方法【超簡単初心者でも出来る!】

具体的な内部リンク対策とは?

内部リンクは自分の記事をリンクさせることは理解出来たと思うのですが、リンクの貼り方も注意しなくてはいけません。

  • リンクの関連性と質。
  • しっかりと関連性のあるサイトにリンクすること。
  • リンク先が良質であること。

全く関連性がなかったり、リンク先が薄っぺらい記事だとSEO対策も意味がないですし、最悪の場合ペナルティを食らってしまうかもしれません。

Googleはウソやズルが嫌いなので、上記に気をつけてリンクを貼りましょう。 

アンカーテキストを使用する。

アンカーテキストはリンク名を文章や表題で設定することでキーワードが狙えますし、リンク文字とリンク先の記事内容の整合性を取ることが出来ます。

整合性がしっかりと取れればSEO効果が期待出来ます。

例えば、

参考記事はコチラをご覧ください

https://〇〇〇〇

上記のような内部リンクだと、リンク元とリンク先が関連性があるものかどうかわかりにくくなってしまいます。

内部リンクを貼る際は、

ブログ初心者がおさえておきたいSEO【副業でもOK】のようにしっかりとキーワードを入れるようにしましょう。

上記のリンクは、「ブログ」「初心者」「SEO」がキーワードになります。

WordPressでの内部リンクの貼り方

WordPressでのリンクの貼り方を載せておきます。

あまり知らない人は読むとリンクの貼り方がわかるかと思います。

記事内で「リンクボタン」をクリックする。

設定ボタンを押す。

リンクしたい記事がブログ内にあれば下の一覧から選ぶのが便利。

リンクURLと文字列がワンタッチで入力される。

もちろん自分でURL、文字列を入力してもOK。

「リンクを新しいタブで開く」をクリックしておくと、リンクをクリックした時にページが別のタグで開くようになり、閲覧中の記事が残るの状態になるのでおすすめです。

読者はリンク先を確認して、また本編に戻ってくるようなイメージです。

スポンサードサーチ

 まとめ

ポイントをしっかり抑えれば内部リンクは簡単です。

これからは意識して内部リンクを設置しましょう。

まとめ
  • 内部リンクも読者ファーストで設置すること。
  • リンク先が良質で関連性のあるサイトにリンクすること。
  • リンクはアンカーテキストを使用すること。

ちなみにSEOのオススメのサイトを載せておきます。

私も非常に勉強させてもらっているサイトです。

参考サイト:SEOラボ